第69話『自社業界の盲点にある業績向上のヒント』



「うちの業界は特別なので・・・」「うちの会社には当てはまりません」「先生はうちの業界を知らないから・・・」

正直に申し上げます。

この考え方というか思い込みが、大事なことを覆い隠してしまいます。

本質を見ようとしないのか、他業種や他業界のことをヒントにして応用できないからか分かりませんが、「他とは違う業界」「自社には活かせない」「自分は知っている」という思い込みから脱却しなければ、盲点に隠れた業績向上の要が見えなくなります。


先日、私のランチェスター戦略の師匠と、私がサポートさせて頂いているパチンコ店のコンサルティングについて話をしました。


師匠
「それって小売とかでは当たり前のことだよね」


「はい。当たり前のことですが、別の集客法の方が効果が高かったので、見えなくなっていた部分です。」

師匠
「こんなこともあるんだね。お金をかけずに高い効果を生み出す盲点だね。」


「お金をかけずに、パチンコ台の寿命を他社よりも伸ばしつつ、リピート顧客まで生み出せるものとしてクライアント様が結果を出しているので、本当に盲点だったと思います。」

(気になる方は、ホームページからお問合せ下さい)


実際にこんなことが起こります。

他業界や異業種から学ぶには、当然のことですが応用も必要だし、要になるものも違います。

何か特別に良いことを学ぶという視点も重要ですが、今回のケースは『当たり前』を学ぶものです。

他業界や異業種で当たり前にやっているので、誰も凄いことをやっているとは思っていません。

そこに、自社業界が学ぶべき盲点が存在します。


BtoB、BtoCなどの顧客対象や扱う商品・サービスが違うからこそ、それぞれの業界の当たり前が存在します。

製造業のカイゼンというのは、それこそレベルの高い当たり前です。

サービス業では、このカイゼンを見て何を学ぶべきか。

接客など、お行儀のいい指導は沢山ありますが、形だけで終わって目的を忘れているものが沢山あります。

その目的に向かってカイゼンし続けることが大事なのに、一律の形だけになっていたりすれば、望む成果は達成しません。

本来、接客によって生み出したい成果は『お客様がどんな価値を感じるか』というもののサポートです。

お行儀が良い接客は、不愉快にさせるものに比べてマシだと思いますが、そこも自社業界としての思い込みが盲点を生み出しています。

何が見えなくなっているのか。


盲点は、同業他社も盲点になっているケースが多いです。

盲点を知ることができれば、真似されない差別化価値を生み出す可能性が高まります。

行儀のいい、素晴らしい見た目の接客レベルが高いのか?

お客様に価値ある体験を提供するレベルが高いのか?

働く人の累積経験値が強みになり他社との差別化になるのは、もちろん後者です。


盲点になっていること。


これが業績向上のヒントになるというのは、同業他社が気付いていなければ自社のみが提供する価値になるからです。

ぜひ、盲点になっているものを見つけてくださいね。

見つけ方は、冒頭に書いたセリフを棄てることです。思い込まないことです。

パチンコホールの方は・・・聞いたら「えっ、そんなことなの!・・・だけど、確かに効果が高そう。」と感じるものです。だからこそ盲点だったというものです。
気になる方はお問合せください。