第245回『業績を伸ばす人材育成



<今日のポイント>

 勉強のための人材育成では業績は伸ばせません。

 人材育成は、会社の目的であるお客様へのお役立ちを目指して実施するものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 何事も目的がブレてしまうと、せっかくの取組みが違う方向に進んでしまいます。

 今回のコラムでは、人材育成は何のために行うのかという“当たり前”だが忘れがちなことについて書いております。

 ぜひお時間を作ってお読み頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「何のために仕事をするのですか?」

 あえて会社視点や個人視点を問わずに、この質問は関わらせて頂いた最初に投げかけます。

 この質問は、働く人が同じ答えをしなければならない重要なポイントになります。

 多くの場合、「生活のため」「食べていくため」「家族を養うため」という答えが返ってきます。

 もちろん、この答えも正解なのですが、会社で働くということは、そもそも会社の目的が存在しています。

 「それだけですか?」

 このようにしつこく質問をしていくと、「お客様に喜んでもらうため」「お客様に楽しんでもらうため」という答えが出てきます。

 ちなみに、後者の答えが出てこないときもあります。


 「何のために仕事をするのですか?」

 この質問に対して、全ての働く人が共通認識として持つべきものは、【お客様へのお役立ち】というものになります。

 その会社の目的を仕事で果たしていくからこそ、お客様からお金を頂けます。

 その結果、個人の目的である給料がもらえるという“当たり前”のことが果たしていけます。

 仕事とは、会社の目的である“お客様へのお役立ち”を行うこと。

 そして、その目的を果たしていく行動をするからこそ、自分の目的も果たしていけます。

 この順番が重要で、働く人が同じ目的を共有していなければものです。


 業績を伸ばす人材育成とういタイトルですが、利益が目的と誤解される場合があります。

 そうではなく、お客様へのお役立ちが目的で、その目的を果たしていくときに、利益という数字の結果が生まれます。

 そして、利益は経営において企業を存続させていく手段です。

 利益から、お役立ちのための再投資があり、その再投資によって利益を生み出だしていく。

 どこまで行っても目的はお役立ちです。


 人材育成は、その目的を仲間と一緒に果たしていくことが“当たり前”の根本的なことになります。

 さらに、『社会・会社・家族・自分』というものを、目的から外さないことが重要になります。(経営コンサルタントの小宮一慶さんの教えです)

 何かを外してしまえば、長期的には上手くいかなくなります。


 実際に現場で起こる『人』に関する問題。

・自分の優越感(自己の欲求目的)を満たすための仕事

・手を抜くための自己正当化や言い訳

・お役立ちでなく効率だけが目的の仕事

・失敗を恐れて挑戦しない自己評価主体の仕事


 書き出したらキリがないのでこれくらいにしますが、さまざまな人材育成をやっているにも関わらず、このような問題が起こってしまえば、業績を下げる人材育成になってしまいます。



 さて、教育内容はさまざまですが、それらを業績を伸ばす人材育成に変えていくには、『会社の目的=仕事の目的』である【お客様へのお役立ち】に向けていくことが鍵になります。

 売上高=お役立ち高

 お役立ち高=価値提供レベル

 価値提供レベル=差別化価値レベル

 差別化価値レベル=魅力度


 お客様は商品やサービスの価値を購入しています。

 仕事は、この価値提供を行うことによってお役立ちを果たしていくもので、業績を伸ばすには【価値提供】レベルを高めていく仕事をすることになります。


 教育の全ての出発点は目的にあります。

 ここから、

 姿勢と考え方の教育

 チームワークとリーダーシップの教育

 価値づくりの教育

 マーケティングや戦略の教育

 接客や接遇の教育

 ・・・・・

 会社でお役立ちを果たしていくには、学ばなければならないことは沢山あります。

 それが、自己を磨いて日常から『周囲の人にお役立ち』していく、魅力的な人物へとなっていきます。

 お役立ち=価値提供=魅力

 業績を伸ばす人材育成は、【お役立ち】を通じて会社の魅力や個人の魅力を高めていくもの。

 目的が大切だという“当たり前”の軸をぶらさないことです。