第225回『“コト視点の価値づくり”で魅力度アップ』



<今日のポイント>

 自分の発する『言葉・表情・態度・行動・姿勢』によって、周囲への体験と良い価値を届ける習慣が、仕事でお客様に対して自社の魅力を高める価値提供につながっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 普段から考えていないことや習慣にしていないことは、いきなり使おうと思っても使いこなせるものではありません。

 普段から“コト視点の価値づくり”で、お相手やお客様に価値ある体験を届けることを考えて実践しているからこそ、魅力度を高めるレベルの高い発想が可能になります。

 今回のコラムでは、仕事の現場で活かすためには、まずは日常習慣からが大切なので、日常での“コト視点の価値づくり”について書いております。

 家族関係が良くなるとか、夫婦関係が良くなったと、実施している方からの実践報告も沢山の内容です。

 ぜひお時間を作ってお読み頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 “コト視点の価値づくり”というのは、コト(体験や出来事)の視点で価値を高めるものです。

 モノの品質を高めるとか、便利にするというのも、利用する人の体験(コト)と価値のためになります。

 “コト視点の価値づくり”でモノやサービスを見直すことで、より良いモノづくりも可能になります。


 また、「お客様の喜び・楽しさ・嬉しさ、社員の幸せ・・・」という企業のビジョンや理念を、具体的な『カタチ』にしていくのも、“コト視点の価値づくり”の実践によります。

 コンサルティングや研修を実施したクライアント様では、「お客様への魅力づくりだけでなく、組織づくりや人間関係、日常まで応用できる内容だった」という声を頂いております。

 “コト視点の価値づくり”の思考技術のレベルを高めていくことで、良い価値があるコトを生みだす力が高まります。


 このような、“コト視点の価値づくり”の思考技術を仕事で活かしていくには、思考技術という『技』を磨いていく必要があります。

 『技』を磨くには、日頃からの思考と実践が必要で、考えていることを実践しなければ目指す結果は手に入りません。

 日頃から習慣にしていく方法としては、自分の発する『言葉・表情・態度・行動・姿勢』という、自分が何かを表現するときに使うものであり、相手にとって体験になるコトを、価値に焦点を当てて見直していくものです。

 では、日常でどのようなことを“コト視点の価値づくり”で考えて実践していくか。

 例えば、何気なくやっている『挨拶』。

 『挨拶』を、どんな言葉・どんなトーン・どんな表情でやっているか?

 自分の『挨拶』によって、お相手がどんな気持ちになるか。

 明るい気持ちになる挨拶もあれば、暗い気持ちになる挨拶もあります。

 お相手の気持ちが明るくなる『挨拶』は、その『挨拶』ができる自分の魅力になります。

 簡単な決め事としては、『明るく元気に誰よりも先に挨拶をする』というコトが出来ます。


 次に、『表情』。

 眉間にしわを寄せた顔を周囲の人が見たら、どんな気持ちになるか?

 笑顔の人と接すると、どんな気持ちになるか?

 前者は、『拒否されている』というマイナスの価値が届きます。

 後者は、『受け入れてくれている』というプラスの価値が届きます。

 簡単な事例ですが、一日を通じて自ら発する『言葉・表情・態度・行動・姿勢』が、どのような価値を体験として届けているかを普段から見直して、好ましい価値を届けるものに変えていきます。

 もちろん、一度や二度の工夫で良い価値が届くものにならない場合もあるので、工夫と改善を繰り返しながら実践の技術を高めていきます。

 それが自然と出来るようになれば、それは人格であり自分の魅力になっていきます。

 自分の発することで、好ましい影響力を発揮していくものになります。


 ちなみに、『言葉・表情・態度・行動・姿勢』ですが、

 【言葉】

 後ろ向きな言葉、前向きな言葉、人を傷つける言葉、勇気づける言葉・・・・・・どんな言葉を発しているかです。

 【表情】

 どんな表情がお相手にとって価値があるものかです。

 【態度】

 物事に接した時にどんな反応をするかや、どんな考え方をするかで、それが言葉・表情・行動・姿勢として表れます。

 【行動】

 行動そのもので、だらだら動くのか、すぐに動くのか、テキパキ、丁寧・・・などです。

 【姿勢】

 背を伸ばすなどの姿勢もありますが、積極性や前向き、思いやり、やさしさ・・・・・良い価値を届ける姿勢も含まれます。


 この5つは、別々に発するものではありません。

 良い体験と価値を届けるという思いを、どの部分で表現しているかというものなので、一度に全部使っていることが多いものです。

 静かにしなければならない場所なら、言葉は発せずに表情やアイコンタクトで表したりしますが、態度・行動・姿勢も含まれます。

 日常から、いろんな出来事があります。

 仕事で帰ったら、奥さんが「お帰りなさい」という前に、「ただいま!」と言い、奥さんにねぎらいの言葉を一つ掛ける。

 奥さんはどんな気持ちになるか?

 大切にしてくれているという価値が届くものです。

 いろんな場面で、自分が価値を届ける体験を提供していくことを思考習慣にして実践し続ける。

 だからこそ、職場でも仕事でも、職場の仲間やお客様に価値を届けて魅力度を高めていくことができます。


 身近な立派な人って、日常から周囲に価値を届けているから惹かれるものです。




 ピン!ときたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

(お問い合わせ)

 お問い合わせ(こちらから)




『コト視点の価値づくり』が、読むうちに自然と身につくコト生みコラムをメールにて配信しております。(毎週火曜日更新)

 メールアドレスをご登録頂きますと、毎週火曜日の更新時にお知らせメールが届きます。

※ 不定期では御座いますが、ビジネスのヒントになる当社のご案内もお届けしております。

(携帯のアドレスでは届かない場合があるようですのでご容赦ください)