第208回『変革を止めない』



<今日のポイント>

 新たな未来を描い変革をしていくときは、新たな行動が必須になります。

 変革とは、今からの行動を変えていく先に訪れる結果です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 2017年の一発目となるコラムなので、今回は干支の話を交えて書いていきます。

 変革していくときに必ず起こるコトがありますが、これを乗り越えて新たな道を切り拓いていく必要があることを書いております。

 ぜひお時間を作ってお読み頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ここ5~6年というのは、団塊世代の方々の定年退職に伴って、大きく消費傾向が減少する業界などがありました。

 逆に、団塊世代の方々や高齢者の方々の消費傾向によって伸びた業界もあります。

 厳しいときには自然と変革の機運が高まります。


 ここ数年で、新たな未来に向かって変革していくことに着手してきた企業様もいるのでは無いかと。

 もしくは、新たな経営計画によって、再度未来を描き直して変革してきた方も。

 これから着手するという方も、変革中の方も今年は干支の意味でも良いタイミングかもしれません。

 少しマニアックな趣味があるのですが・・・・干支を調べるという趣味があります。

 干支とは、『十干・十二支』の干と支で干支(えと)と読みます。

 十干は10のサイクル、十二支は12のサイクルから成ります。

 この十干と十二支が、毎年ずれていき60年のサイクルというものがあります。

 戊辰戦争とか、辛亥革命など、昔からその年の干支で名前をつけられています。


 干支は、占いやオカルトのようなものではなく、十干はアクションに対するレスポンスの起こり方であり、十二支は盛者必衰の理を、共に統計として編み出されたものです。

 ボールを投げればどこかに落ちる。

 変化への革新を進めれば、抵抗勢力が現れる。

 このような現実的なもので、信じるとか信じないとかは別にして、参考にしていくといろいろ面白い発見があります。


 干支の説明をするとキリが無いので、今年の干支について書きます。

 今年は酉(とり)年ですが、十干十二支では『丁酉(ひのと・とり)「テイユウ」』と言い、60年サイクルの34年目になります。


 丁と酉のそれぞれに意味があるのですが、今回は省略して結論のみを。

 31年目の甲午(コウゴ)の年から、干支では変革に向けて動きだす意味がありました。

 34年目の丁酉では、その変革の機が熟する段階になりますが、対抗勢力や抵抗勢力が盛んになる段階でもあります。

 いろいろな衝突や問題課題が起こりますが、それらを乗り越えていき機が熟する道を進めていくときです。


 よって、ここまでの活動を熟成させていくためにも、道を行なうべき機運の年とも言えます。

 さて、今日のタイトル『変革を止めない』というものは、今年のテーマになるのではないかと思います。

 そして、変革していくときには必ず起こる組織の問題があります。

 今までと同じ仕事や取組みでは対応することができないので、新たな未来を描いて変革していきます。

 単純なことですが、変わるべきことは分かっていても、変われないのが人間です。

 慣れたことは楽(らく)ですが、新たなことは不慣れなので自分にも組織にも混乱が起こります。

 それでも、新たな目標に向けて内部から変わっていかなければ、これからの未来を創っていくことはできません。


 新たな未来を目指すと、不足している事も沢山でてきます。

 当然ですが、富士山に登るのと、近所の山に登るのでは装備も準備も違います。

 富士山に登るという目標を描いたら、体力の準備・装備の準備・知識の準備・・・・などなど、今までの知識や技術では不足しているということに気付きます。

 気付いたら、それらを準備したりと時間の不足も起こります。

 人の混乱も起こります。

 変革するときは、混乱が当たり前ということを前提に進めていく必要があります。

 その為には、一人一人に繰り返し説明する時間を割く必要があるかもしれません。

 へこたれそうな人を励ますことも必要かもしれません。

 それでも、変革を止めなければ、過去の結果とは違う結果を生みだしていけます。

 すでに変革を始めているのであれば、無難な落しどころを探すのではなく、しっかりと描いたところへ向かい直す。


 「変わりたい」から「変われる」という気持ち。

 「変われる」という気持ちから「変われた!」にするために。


 今年は、皆様にとって飛躍の年でありますことを願っております。




 ピン!ときたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

(お問い合わせ)

 お問い合わせ(こちらから)




『コト視点の価値づくり』が、読むうちに自然と身につくコト生みコラムをメールにて配信しております。(毎週火曜日更新)

 メールアドレスをご登録頂きますと、毎週火曜日の更新時にお知らせメールが届きます。

※ 不定期では御座いますが、ビジネスのヒントになる当社のご案内もお届けしております。

(携帯のアドレスでは届かない場合があるようですのでご容赦ください)