第203回『会社を新たな創造に向かわせるには』



<今日のポイント>

 衰退から新たな創造へ向かわせるには、組織の内部から変化させていくことが必要です。

 そして、新たな価値によって挑戦していく姿勢が求められます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 栄枯盛衰というのは、どんな時代でも起こるものです。

 かといって、『衰』を迎えてすべてが滅ぶわけではなく、新たな挑戦によって次の創造を生み出していくことが可能になります。 

 今回のコラムでは、企業が新たに挑戦していくときに必要な社内の姿勢と、何をやる必要があるかを書いております。

 ぜひお時間を作ってお読み頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 『創造期⇒成長期⇒成熟前期⇒成熟後期⇒衰退期』という流れがあります。

 市場(商圏)にはお客様の量という規模があるので、『需要>供給』の創造期と成長期、そして成熟前期までは、自社や同業他社の参入で業界の規模が大きくなっていきます。


 そして、『需要=供給』の段階から、企業間競争の激しさが増していきます。

 いわゆる飽和状態で『需要<供給』という、供給者の量が上回っていく段階です。

 成熟前期から価格競争などが激しくなり、徐々に差別化戦略も特化型が始まります。

 飲食店などでは“専門店”などの専門化などで、選択と集中によってターゲットを絞っていく傾向になっていきます。


 重要なことは、ターゲットを絞ってお客様の効率と効果に指標を置いた戦略は、選択と集中といえば聞こえは良いのですが、選択しなかったお客様を捨てるということになります。

 飲食店でのこの戦略は問題ありません。

 自店が選ばなかったお客様を受け入れる他のお店があるからです。


 市場縮小は、人口動態の影響もありますが、実は自社や業界が選ばなかったお客様の離反によっても起こります。

 成熟後期から衰退期になれば、さら経営状態も厳しくなるので、選択と集中が加速していきます。

 しかし、選んだお客様も慣れてくれば徐々に飽きてしまい、離反の道を進まれてしまいます。

 こうして戦略によって市場を衰退させてしまうということが起こるのですが、限界を超えるまで変われないのが人の心理であり、自社さえ良ければ・・・・という考え方になります。

 この『創造期⇒成長期⇒成熟前期⇒成熟後期⇒衰退期』の流れの中で、組織には何が起こってしまうのか?

 これは東洋の古典を読めば3000年以上繰り返している栄枯盛衰の流れを知ることができます。

 知っていれば初めから対応できるのですが、知らなければ人間のエゴや企業間競争が絡んでくるものなので抗うことができなくなります。


◎創造期は、“創業垂統(そうぎょうすいとう)”という段階です。

 簡単に言えば、「目的に向かい一丸となってがんばるぞ!」というお客様視点です。


◎成長期は、“継体守文(けいたいしゅぶん)”の段階です。

 国家であれば、先代から代を受け継ぐことがあったり、企業であれば創業者が新たなリーダーを育てるために一歩引いた立場になったりと。

 代を引き継がなくても、成長段階までにいろんな決め事や方法を形にしてきているので、教えを守ってもっと豊かになっていこうというものです。

 この段階でも、お客様視点の良い取り組みです。


◎成熟前期から成熟後期は、“因循姑息(いんじゅんこそく)”という段階です。

 組織が肥大化してくると、昔は大企業病などと言いましたが、組織が内向きになっていきます。

 管理職は、自分の立場や地位を守るために派閥を作ったり、会社を自分の欲を満たすために利用するという傾向が見え始めます。

 権力を手に入れても誠実で立派な人は沢山いますが、悪党というのは一人でも『党』という字を使うくらい悪い影響を及ぼします。

 働いている人たちは、自己保身になって出世に影響が出てしまう失敗に恐怖を感じるようになります。

 失敗したくないという“事なかれ主義”は、企業の挑戦量を減らしていき、会話では『結果はでるのか?・前例はあるのか?・誰が責任をとるんだ?・・・・・』と、本来はおかしな会話が当たり前のようにはびこります。

 ちなみに・・・創造・成長期というのは、結果が出るように工夫していき、前例のないことに挑戦し、責任は仕事で返していくものです。

 だからこそ成長サイクルに乗せることができます。


◎衰退期は、“衰乱滅亡(すいらんめつぼう)”という段階です。

 因循姑息(いんじゅんこそく)で自己保身や上司しか見ていない内向きの組織は、お客様を忘れた組織になります。

 お客様を忘れた企業は、当然ですがお客様からも見放されます。

 この段階でも、自分の立場や地位を守ろうとしてしまうのが、悲しいかな人の性というもの。



 さて、上記のようになってしまった組織をどう立て直していくか。

 いろいろ方法はあります。

 組織には気付いている人材がいるので、そのような人材を集めて新たな部署を作る。

 同時に、権力のフラット化を一時的に実施してみる。

 衰退と創造のやり方の違いを外部にレクチャーしてもらう。

 創業垂統から衰乱滅亡の流れを全社員で共有して、問題の見える化と共有をする。

 ・・・・・・・・

 キリがないのでこれくらいにしますが、変わるときには問題や困難なことがたくさん起こります。

 当たり前ですが、変わりたくない(自己保身)人が抵抗するし、どう変わればいいか方法がわからないので。

 しかし、社内の姿勢を変化させなければ新たな創造には向かいません。



 ここから新たな創造に向かわせるには、自社の『価値』を上乗せしていく取り組みです。

 お客様視点になって、価値を届けることに挑戦する姿勢です。

 やる必要があることは、お客様にとっての価値にフォーカスした商品やサービスの提案です。

 難しいとお考えの方もいるとは思いますが、このようなご時世でも会社を設立して新たな価値ある商品やサービスを世の中に広げていく会社はあります。

 自社の商売も、時代の変化とともに価値を変えていく必要があります。

 選ばなかったお客様を捨てたのなら、もう一度お客様に選んでもらうための価値に挑戦していくこと。

 簡単なことではありません。

 しかし、これをやる企業だけがお客様に認められていくというのが商売です。




 ピン!ときたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

(お問い合わせ)

 お問い合わせ(こちらから)




『コト視点の価値づくり』が、読むうちに自然と身につくコト生みコラムをメールにて配信しております。(毎週火曜日更新)

 メールアドレスをご登録頂きますと、毎週火曜日の更新時にお知らせメールが届きます。

※ 不定期では御座いますが、ビジネスのヒントになる当社のご案内もお届けしております。

(携帯のアドレスでは届かない場合があるようですのでご容赦ください)