第154話『戦略を実現する2つの重要な要素』


<今日のポイント>

 目標達成のシナリオである戦略。

 描いた戦略を実現するには、戦略を展開するための方法と、それを実行する人が重要な要素になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 戦略を実現する2つの重要な要素は、『戦術』と『戦闘』という当たり前のものです。

 誰もが知っている『戦略・戦術・戦闘』という言葉ですが、実際のビジネス現場では物事を実現させていく『戦術』と『戦闘』が軽んじられることが多く、描いた戦略を実現させられないということが起こっています。

 今回のコラムでは、物事を形にして実現させていく為に欠かせない、重要な“やり方”について書いております。

 読み終わった時には、“やり方”である『戦術』と『戦闘』の重要性に気付いて、今後の取組みを見直すキッカケになるものだと自負しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 『戦略の失敗は戦術では補えず、戦術の失敗は戦闘では補い難し』

 ビジネスではよく使われる(?)言葉です。


 戦略という目標達成のシナリオが間違っていれば、どんなに素晴らしい技術や方法という戦術があったとしても、そしてその戦術を体現できるレベルの高い人材がいたとしても、シナリオが間違っているので目標を実現することができなくなります。

 よって、戦略を重要視することは間違いでは無いのですが、その戦略を実現するにはプロとしての技術とプロとしての実践が欠かせません。


 前述の言葉の後に続くものがあります。

 『されど、戦闘無くして戦術立たず、戦術無くして戦略は成り難し』

 簡単に言うと、『現場での実践が無ければ優れた技術も役に立たず、優れた技術が無ければ目標を達成するのは難しい』というものです。


 よって、戦略という目標達成のシナリオを実現させる2つの重要な要素が『戦術という技術や方法』と『戦闘という現場での実践レベル』というものになります。


 『戦略・戦術・戦闘』というものは三位一体で、どれもが必要不可欠なものです。


 ある資格試験を取得するという目標に対して、独学でスケジュールを決めて勉強するか、塾などに行って勉強するかという合格までのシナリオが戦略。

 勉強の方法が戦術。

 それを実践するのが自分の戦闘。


 パチンコ店の場合であれば、お客様を〇〇名に増やすという目標に対して、どの地域の・どのお客様の・どんな機種で・どのようなステップでというシナリオが戦略。

 戦術は、私がお伝えしているのは『お客様が体験による価値を感じてリピートしたくなる』という思考技術と実践方法。

 戦闘は、現場でどのように価値を生みだして、選ばれるお店になっていくかという実践力であり現場力。


 ビジネスの現場において欠けていると感じるものが『戦術』です。


 スポーツ選手でも武道でも、日頃から自分の技術を高める練習を繰り返し実施して、戦術(技)と戦闘(体)を鍛錬しています。

 日々の鍛錬があって、相手に合わせた戦略を実現できるというもの。


 ビジネスにおいての戦術は、“お客様を喜ばせる技術”になります。

 店舗型サービス業を経営をされている方の出店戦略がどんなに優れていたとしても、お客様を喜ばせる技術を高めなければ、繰り返し利用して頂くことはできません。


 “お客様に喜んで頂く技術”を働く人が磨かなければ、現場で実践することもできません。


 挨拶という当たり前の接客で、どんな価値を届けられるか?

 笑顔でどんな価値が届けられるか?

 どんな説明をされると、商品やサービスに価値を感じるか?


 ということを考えずに、


 「挨拶を徹底しよう!」

 「笑顔の練習をしよう!」

 「お客様にどんどんおすすめしよう!」


 という指導は、とにかくバッターボックスに立ったらバットを振れ!と言っているようなものです。


 どんな価値で戦略を実現させていくのかが、ビジネスにおける重要な戦術の一つです。


 立派な戦略と、戦闘をしっかりとつなぐ戦術。

 企業の役割は、お客様へのお役立ちです。

 どんな方法でお役立ちするのかが、そもそも戦術であり、価値提供によって役割を果たすもの。


 お客様を笑顔にする『技』のレベル。

 技と実践を軽んじて、戦略の実現はありえません。


 弊社は、お客様に喜んで頂く価値づくりの『思考技術』と『実践法』をお伝えする会社です。

 働く人が自分たちの役割で、“会社やお客様の役立っていける”と実感できる戦術を理解できると仕事にやりがいを感じるようになります。

 マジシャンだって、種と仕掛けを理解して技術を磨かなければ、実践でお客様に喜んで頂くことはできません。


 お客様を喜ばせる技術


 働く人が、お客様や職場の仲間を喜ばせる達人になっていきます。

 自社に不足しているのは、『戦略・戦術・戦闘』のどの部分でしょうか?




 「おっ!」と思うようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 動けば新しい何かが起こります。

(お問い合わせ)

 お問い合わせ(こちらから)




『コト視点の価値づくり』が、読むうちに自然と身につくコト生みコラムをメールにて配信しております。(毎週火曜日更新)

 メールアドレスをご登録頂きますと、毎週火曜日の更新時にお知らせメールが届きます。

※ 不定期では御座いますが、ビジネスのヒントになる当社のご案内もお届けしております。

(携帯のアドレスでは届かない場合があるようですのでご容赦ください)