第142話『目標達成力の高い人材が身につけている2つのクセ』


<今日のポイント>

 目標達成力の高い人材は、積極的で行動力があり、自ら考え行動する主体性も発揮する。

 挑戦し続ける人材が、会社をより良くしていく原動力。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 人口動態の変化によって、ボリュームゾーンの団塊世代の方々が定年退職を迎え、社会の消費行動が大きく変化しています。

 大きな変革期のタイミングでは、正解を探し求める体質から、挑戦の量によって正解を生み出す体質変化が求められます。

 今回のコラムでは、圧倒的な挑戦量を生み出すパワーを持った目標達成力の高い人材が身につけている2つのクセについて書いております。

 このエネルギーを持った人材を増やしていく仕組みづくりの参考にして頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 企業が進歩発展していくときには、4つの段階があります。

 創業期→発展期→停滞期→衰退期

 時代の流れや社会背景が関係するので、世の中に変化が起これば自社も変化し続ける必要があります。


 そして、段階によって活躍する人材が異なり、創業期は事例や実績が無い中で正解を模索しながら生み出していく人材が企業を引っ張り、発展期には生み出された正解や強みを守りながら成長軌道に乗せていく人材が重要な役割を担います。


 停滞期に入ってきたと分かった段階から、新たな価値を再度生み出す創業タイプの人材が活躍する活動と、今のお客様を大切にし続ける守り役の人材のバランスが問われます。


 停滞期に起こりがちなものは、効率や効果主体の組織になり、非効率なお客様を知らないうちに逃していくことです。


 停滞期から成長カーブに挑戦する新たな価値づくりをしないままでいると、自然と衰退期を迎えていきます。

 これが自社だけで起ることなのか、業界全体で起ることなのかはケースによりさまざまですが、現在の人口構成を見てみると、多くの業界で変化が求められる段階だと考えられます。




 前置きが長くなりましたが、変化を起こしていくときは成功確率が下がります。

 今まで3割バッターだった人の打率が下がります。

 10打席で3本のヒットが打てたのが、もしかしたら1本しか打てなくなるかもしれません。

 同じヒット数を出すには1割であれば30打席が必要。

 野球であれば打席数は自由になりませんが、ビジネスであれば『行動力と挑戦量』によって打数はいくらでも増やせます。


 新たな価値でお客様の支持を得ていくには、創業タイプの積極性と行動力で『価値の的』という仮説を立てて挑戦する数を増やすことが大きな課題です。

 どんな時代でも目標達成力が高い人材は、この積極性と行動力によって挑戦量を増やしていきます。

 そこで、このようなタイプの人が身につけているであろう『2つのクセ』を組織全体に広げていくことが、組織全体の目標達成力を高めて変化の時代を切り拓くものになります。


 1つ目は、“勝ちグセ”というものです。

 大きな成功をしてきたから勝ちグセがつくというものではありません。

 小さなことでも自らが決めたコトを実行し、小さな目標達成からでも勝ちグセは身についていきます。

 勝ちグセに隠されたものは、大きな喜びと自信につながる『達成感』を刺激します。

・自分の行動によってお客様が喜んでくれた

・お客様が「また来るね」と言ってくれた

・自分の決めたことを継続できた

 2つ目は、“価値グセ”です。

 この価値グセというのは、自分を通じて周囲の人にどのような価値を届け、『楽しい・嬉しい・喜び・頼りになる・優しい・・・・』という気持ちになってもらうかを、日頃から考えて行動するものです。

 仕事はお客様に価値を届けて喜んで頂くものです。

 自分達が届ける価値によってお客様が喜ぶ姿をリアルにイメージできるとき、それは仕事のやりがいや誇りになっていきます。

 自分の力によってお客様が喜んでくれたとき、勝ちグセによる達成感とは違う、自分の『存在意義』を感じて喜びにつながります。

 誰かが喜んでくれる“価値グセ”は、働く喜びという挑戦量を圧倒的に増やす原動力になります。

 仕組みにする順番としては、『価値グセ→勝ちグセ』で、価値グセによっても勝ちグセは身につけられます。


 目標達成力が高い人は、この2つ以外にも自分なりの“動機づけ”をいろいろとお持ちだと思いますが、事業の成果を高めていく上では、あくまでも『仕事を通じた』ところに“やりがい”を実感できる仕組みが大切です。


 “勝ちグセ”と“価値グセ”が身につく組織になっているか?

 ぜひチェックしてみて下さい。




『コト視点の価値づくり』が、読むうちに自然と身につくコト生みコラムをメールにて配信しております。(毎週火曜日更新)

 メールアドレスをご登録頂きますと、毎週火曜日の更新時にお知らせメールが届きます。

※ 不定期では御座いますが、ビジネスのヒントになる当社のご案内もお届けしております。

(携帯のアドレスでは届かない場合があるようですのでご容赦ください)