理念・メッセージ

 理念(私たちが大切にすること)

  新たな価値で未来を創造する!   武内臣介

 メッセージ(私たちの願い)

「何を大切にするかで、その人の生き方が決まる」と言われます。

企業は、「何を大切にし、何を目指すのか」という命題を、どのようなお役立ち(価値提供)で目指していくかが日々問われています。

経営理念を大切にし、その実現に向けて取り組んでいる素晴らしい企業も沢山ありますが、素晴らしい企業は経営理念の前に、当たり前のように大切にしているものがあります。

ただ、当たり前すぎて言葉で表現されていないことです。

企業は、社会の一員として「社会へのお役立ち」が基本にあります。

そのお役立ちをしていくために、“新たな価値で未来を創造する”ことが当社の目指すことであり、当社がクライアント様にご提供するものです。

私は、古典や偉人の話が好きで、立派な先人が成し遂げてきたことなどを書いた本を30年以上前から読んでいましたが、『一つだけ分からないこと』があり、長い間の疑問になっていました。

素晴らしいと感じる会社は、お客様が喜び、働く人がやりがいを感じ、社会に必要とされる存在です。必要とされるから、業績という結果につながります。
素晴らしいリーダーは、日々変化する世の中に対応して、組織に新しい風を吹かし続けます。

『一つだけ分からないこと』だったものとは、「何を大切にしていたのか」の答えで、それを一言で表現すれば『新たな価値による調和』になります。

『和』とは、仲良しとか、争いを起こさないということではありません。

問題や課題が起これば、それを解決するために新たなコトを生み出して、新しい『和』の状態にすることです。
または、問題を想定して、『和』が乱れることを未然に防ぐ力です。

お客様も時間の経過と共に必要とする価値が変化します。

その変化と調和する価値を提供しなければ、企業は衰退してしまいます。
だからこそ、新たな価値により、お客様との調和を目指し続ける必要があります。

“コト生み戦略”というのは、新しい体系のものでなく、『時代の流れ』『競争環境の変化』『世の中の変化』を、より良いものにするためのもので、昔から日本にある考え方です。

 新しい価値で『調和』を追求して、新たなコトを生み出し続ける。

高い技術力や高品質。運行時間が世界一正確な電車や飛行機。
すぐに壊れない、精度が高い、だけでなく、おもてなし

これだけを見ても、高いレベルの『調和』を目指し、秩序の乱れ(和の乱れ)を起こさないという考えが身についています。

大切にし、形にし、より高めていく。

世界に誇れる日本企業の根幹です。

新しい価値による『調和』で未来を創造し、進歩発展する企業を共に目指し、私たちの後世に誇れる企業として、リーダーとして。